化粧合板

化粧合板

化粧合板とは

化粧合板

表面材を下地材に接着剤を用い貼り合せたものをいう。
表面材には、天然銘木ツキ板、人工ツキ板、プリント、ポリ、塩ビなどある。
下地材には、ラワン合板、シナ合板、MDF、和紙(エレガント)などが使われる。

表面材

突き板(ツキ板)とは

板目

天然木(材木)をフリッチ(平角材)にし、そのフリッチを薄くスライスしたものをいう。
突き板の厚みは、0.2mm~0.25mm(薄突き)、0.5mm~0.6mm(厚突き)がある。
当社では、おもに薄突きの物を使用しております。
スライスの仕方で、板目、柾目などの木目になります。
その他に、天然木をカツラ剥きのようにしたものを杢目といいます。

天然銘木突き板

下地材

下地材には、ラワン合板、シナ合板、MDF、和紙(エレガント)を使用しています。

詳細については、下記を参照してください。

ラワン合板
シナ合板
MDF
和紙(エレガント)